タンスに眠った着物の値段は?

着物がタンスにある場合

着物がタンスに眠っている家も多いでしょう。着物は1000円代で買えるものはほとんど無く、安くても数万円、高ければ100万円以上する場合があります。着物にはほとんど価値がない場合もありますが、財産と言えるほどの価値があるものもあります。
もし、タンスの中に着物があり、その持ち主が亡くなった場合や、小さい家に引っ越しをするため、出来るだけ使わない物を捨てたい場合には、処分する必要がありますが、単に捨てるだけでは着物がとても価値のある物だった場合は現金を捨てているようでもったいないです。この場合には鑑定士にお願いをして着物の価値を見てもらった方がいいでしょう。明らかに安っぽい物は捨ててしまっていいかもしれませんが、これはもしや、という物があれば是非鑑定してみるべきではないでしょうか。

鑑定する時の注意点とは

着物を鑑定士に見てもらう場合ですが、買取センターやリサイクルショップでも鑑定することが出来ます。ですが、フランチャイズのお店の場合には鑑定の腕前がそれほど大したことがない可能性があります。大抵は、価格表を見て素人でも判断できるようにしてあるのです。本格的な鑑定士を雇おうにもなかなか人が集まらずにお店がいつまで経っても開店できない場合があり得ますね。そういう意味では、リサイクルショップや買取センターは出来るだけ避けるべきです。
買い取りしてもらう場合には、鑑定する人が家に来るパターンもありますが、このサービスを利用すると、もし価値があまりなかった場合、わざわざ来てもらったのに断るのは気が引けます。出来れば自分の足でお店まで行った方がいいでしょう。