デザインによって異なる着物の買取価格

着物は生地としての価値もアリ!

着物は芸術的価値が高く、新品で買う場合はとても高価な価値があります。したがって、多くの方が売却する時にも高値がつくと思いがちです。しかし実際は、価格の下落が大きく、一部の着物しか高価買取ができないことがほとんどです。中には買取不可になるケースもあるので、これから紹介する、賢い売り方のポイントを参考にして下さい。
まず、着物を売却する時には着物の専門業者を選ぶようにします。総合的な服飾リサイクルショップでは着物の需要がほとんどなく、価値がつかない可能性が高くなります。有名な作家や染め方の判断すらしてもらえない可能性があるので、十分注意して下さい。また、着物は生地としての価値が高いので、生地としての買取を実施してる店舗もオススメです。場合によっては、着物として売るよりも高額査定になる可能性もあります。

着物の価格を決めるのはサイズ!

続いては着物の買取価格に影響を与えるキーポイントです。着物のリサイクル販売で、一番ネックになるのが着物のサイズです。着物はそれぞれのオーナーにあったジャストサイズでつくられるため、極端に小さな着物などは、中古品として販売しても売り手がつきません。したがって、リサイクルショップも販売に期待が持てないので、必然的に買取価格も安くなってしまいます。サイズが大きく、仕立て直せるものや、一般的にユーザーが多いサイズの着物であれば、買取価格にも期待が持てます。ただし、それでも買取価格が低くなる場合がとても多いので、その際は先ほど紹介したように生地として売却する手段がお得です。
このように、着物を売却する時にはお店選びとサイズ感の選択が、買取価格を決めるキーポイントになります。